鎌倉ハート歯科クリニックホームページ【鎌倉市】

新患・再新患の方はWEBからご予約が可能です(タップすると専用予約表に移動します)

小児歯科・妊婦歯科(マタニティ歯科)

小児歯科

お口の健康を守ろう!

■当院の小児歯科担当
当院では、担当医制で治療を行っています。

■はじめの一歩は下の前歯
赤ちゃんに始めて乳歯が生えてくるのは、月齢6ヶ月ごろからです。
最初の乳歯は下の2本の前歯(AA)です。
AAが生えてきたら、これから2歳半頃まで次々に生えてくる20本の乳歯を1本も虫歯にしないで育てよう!と決心してください。
乳歯は、その後一勝使う永久歯の健康へと続きます。
将来、きれいで健康な歯を守るための[はじめの一歩]がAAです。

■お口の健康を守ろう!
虫歯(カリエス)はひとつの原因でできるのではありません。いくつかの因子(リスク)が重なるとできるということがわかってきています。
歯磨きも、おやつの食べ方も、唾液や虫歯の原因菌も、リスクの中のひとつです。
ひとりひとりの成長発育や、生活環境も視野に入れながら、カリエスリスクを減らしていくことが必要です。
歯科医院と2人3脚で、効果的にそして楽しみながら、上手にお口の健康を守り育てて生きましょう。

小児歯科のポイント

■家族一緒にメインテナンス受診
虫歯になって受診するのではなく、健康を守るために受診することをメインテナンス受診といいます。歯は噛み合わせた顎の発達にも大きく影響します。
赤ちゃんに歯が生え始めたら、家族ご一緒にメインテナンス受診の始まりです。

■おやつは毎日決まった時間に
虫歯の原因になる細菌は、砂糖に限らず、パンやご飯、、おせんべいやポテトチップスから、強い酸を作ります。
すると、この酸に歯が溶ける「脱灰」がおきます。食べ終わると唾液によってまた酸は中和されて、歯のミネラルは元に戻る「再石灰化」がおきます。
虫歯を作らないためには、だらだら食べやながら食べをしないことが大切です。

■ぶくぶくペーができたら、フッ化物の歯磨剤を
うがいができないうちは、ゆすぐ必要のないフッ素剤を使います。
口すすぎができるようになったら、フッ化物の入った歯磨剤(歯みがき粉)を使いましょう。
フッ化物を積極的に利用すると歯を丈夫にして虫歯になりにくくなります。
フッ化物の種類や濃度、研磨剤の有無、使い方、ゆすぎ方もいろいろです。
ひとりひとりにあった正しい方法を教えてもらいましょう。

奥歯を虫歯から防ぐ『シーラント』

奥歯は、溝が複雑な形をしており、毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことが多い箇所です。
シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞いで強化する予防法です。
特に、子どもの第一大臼歯に使用することが多く、6~7歳頃、11~13歳頃に行うのが一般的です。
また、生えたての乳歯の頃から行えますので、早い方では生後6ヶ月ごろから受けさせる方も増えています。
保険が適用されますので、お気軽にご相談ください。
以下がシーラントの主な手順です。

  • 1.前処理剤で清掃します

  • 2.水で洗います

  • 3.乾燥させます

  • 4.シーラントを塗布します

  • 5.光でシーラントを固めます

  • 6.拭き取りとかみ合わせのチェックをします

シーラント後のご注意

歯磨きについて
 通常通りきちんと歯磨きしてください。
 シーラントは奥歯のかみ合わせに塗るものです。
 歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間は、特にしっかり歯磨きしましょう。

定期的なチェックについて
 シーラントは優れたむし歯予防の方法ですが、永久に効果を発揮するものではありません。
 定期的に来院してシーラントの状態をチェックしてもらいましょう。
 シーラントが欠けたり取れたりすると、そこからむし歯になりやすくなります。

妊婦歯科(マタニティ歯科)

妊娠中の歯科治療について

妊娠初期 ●妊娠~4ヶ月
切迫流産が起こりやすい時期。いろいろな悪影響を受けやすく、治療は控えた方が安心です。
安定期 ●5ヶ月~7ヶ月
心配なく治療を行える時期です
妊娠後期 ●8ヶ月以降
臨月に入ってからは、急なお産で中断する可能性もあるため、治療は控えた方が安心です。

■安全な薬を使用します
 適切な使用時期・使用量・使用期間を十分に考慮し、妊娠中や授乳中でも安心に使用できる抗生物質、炎症を抑える鎮痛剤を用います。

■レントゲンについて
 歯科治療中のレントゲン撮影の被ばく量は、目的とする歯に対する線量に比べ、腹部への線量は1/100程度と影響が少なく、防護エプロンをかけますので、卵巣まで放射線が散乱する量はゼロに等しい量になります。

■局部麻酔注射について
 歯科領域で使用される局部麻酔薬の通常量では、母体・胎児ともに影響は出ません。

母子感染にご注意ください!

赤ちゃんの健やかな歯を育てる第一歩は、お母さんのお口の環境をきれいにすることです。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯の細菌(ミュータンス菌)は存在しません。
赤ちゃんは、生後半年くらいで下の前歯が生え始めます。そのころにお母さんのお口にいるミュータンス菌が、唾液を介して伝播する(母子感染)ことによって、虫歯のできる環境が作られてしまいます。食べ物をあらかじめ噛んで赤ちゃんに与える「噛み与え」や、スプーンやお箸を親子で共有することによって伝わっていきます。
つまりお母さんがミュータンス菌を多く持っていれば、赤ちゃんに感染する確率や菌数が多くなる可能性があるのです。
一般的にミュータンス菌は、1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間に定着しやすいと言われています。
離乳食から幼児食にあたるこの時期に、お母さんが正しい虫歯予防の知識を持つことが、大切なお子さまの健やかな歯を育てることになるのです。

赤ちゃんの口腔ケアについて

もちろん生まれたばかりの赤ちゃんには、まだ歯が生えていません。
だからといって、赤ちゃんに口腔ケアが関係ないということはありません。

お口の中やお口の周りは体の中でも特に敏感な箇所です。そのため、歯が生えてから急に歯ブラシで磨こうとすると拒否反応を起こしやすく、歯磨き習慣を諦めてしまう方も多いようです。歯医者が苦手なお子さんも多くいらっしゃいます。

赤ちゃんは、生後半年が経過するころには乳歯が生え始めます。その前から徐々にお口の周りを触れられることに慣らしていくことが大切です
歯が生え始めたら、清潔なガーゼなどで優しくケアして、1歳を過ぎて第一乳臼歯が生える頃までには歯ブラシでの清掃ができるようになることを目指しましょう。

基本情報

鎌倉ハート歯科クリニック
院長鈴木君和

247-0056
神奈川県鎌倉市大船2丁目25−2 セルアージュ鎌倉大船1F

新患専用予約ダイヤル(9時~21時迄 土日祝も受付)050-3388-1123

0467-47-4618

0467-47-4618

診療科目
一般歯科、インプラント、矯正歯科、小児歯科、審美歯科、口腔外科、予防歯科、訪問歯科
駐車場
●医院専用駐車場(1台)
●ウェルカムパーク(隣接契約駐車場)⇒当院ご利用時間分の無料チケットをお渡しします
休診日
火・金曜日
クレジットカード
VISA、M/C、JCB、AMEX、DINERS、DC
アクセス方法
JR横須賀線・東海道線・湘南新宿線・京浜東北線、湘南モノレール 
大船駅笠間口徒歩6分 ブックオフスーパーバザー鎌倉大船(旧:鎌倉三越)、鎌倉芸術館前
タイムズ駐車場⇒割引チケットをお渡しします

MAP



歯医者情報 デンタルシティ