横浜青葉デンタルクリニックホームページ【横浜市/青葉区】

女性の歯科

妊娠中

妊娠中の歯の治療は、安定期に行うのが一般的です。大きな虫歯がある場合、安定期に入って早めに治療を始めた方が良いでしょう。ただ、治療は無理をせず、当日の体調とじっくり相談しながら進めます。
また、必要がある場合は最少の投薬をいたしますが、その場合も影響の少ないものを中心にお出しすることとなります。処置内容や状態により変化いたします。
また、妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすく、歯肉がはれやすくなったり、出血しやすくなったりするので、定期的にクリーニングすると未然に予防できます。また、虫歯は感染症(人から人へ移る病気)なので、お子様のためにも妊娠中からお口の中を健康に保っておくと良いでしょう。
出産後は、お子様が大きくなるまでなかなか歯科医院にこられなくなり、虫歯が大きく進行してしまう方もかなりいるので、定期健診をお勧めします。

授乳中

授乳中のお母様の治療は、一般の大人の方の治療と基本的には同じです。
ただ、一部の飲み薬が乳汁に移行し影響を及ぼす可能性があることは指摘されていますので、投薬は種類を選んで慎重に行います。小さなお子様がいらしても、お母様が抱っこしながらお母様の治療が受けられますので、お気軽にご来院下さい。

基本情報

横浜青葉デンタルクリニック
院長西山 伸司

227-0043
神奈川県横浜市青葉区藤が丘2丁目5−5 F-GARE(駅ビル)3F

0120-52-5051

045-972-5051

診療科目
一般歯科、インプラント、矯正歯科、小児歯科、審美歯科、予防歯科
クレジットカード
3万円以上の自費治療のみ VISA,DC,JCB,MASTER,AMEX
アクセス方法
東急田園都市線藤が丘駅すぐ

MAP



歯医者情報 デンタルシティ